とは

\ ** What is UEP & Co.? ** /

28歳でサラリーマンを辞めてオーストラリアに来た

YouTuber、UEP が作った

新たなコミュニティ

YouTube でおなじみ From UEP という男

\ ** What is UEP like? ** /

​一度切りの人生を無駄にしたくない!

僕がオーストラリアに来たのは28歳のとき。​6年間いわゆる普通のサラリーマンをして真面目に働いてきた。

いい会社でやり甲斐もあり、その会社で出世しようと思っていました。仕事に対してなんの不満もなかったし、お金にも困ってなかった。充実した日々を送っていたと思う。

だけどそんな生活を送りながらいつも僕は満たされない気持ちとなんだか腑に落ちない毎日に疑問を抱きながら答えを探し求めてた。今の仕事は嫌いじゃないけど他になにかもっとやりたいことがあるんじゃないか。でもそれが何なのかは分からない。

そんなときにオーストラリアに行きたいって言葉がぽろっと自分の口から出た。なぜかわからない。

飲み仲間の先輩と二人でいつものように人生について語り、黒霧島がロックに近くなる頃だったと思う。なんだか分からないけどその言葉が妙にしっくりきたのと面白くって『え、行っちゃう?』みたいな。ノリだったと最初は思う。

実際、酔いが醒めたのと同時に冷静にそのことを考えてみたけど、酒は抜けたけどオーストラリアに行きたいという気持ちは、昨晩の黒霧よりも濃くなっていくばかりだった。

たしかに昔からどこか海外に住んでみたいという気持ちはあった。旅行ではなく住んでみたいと。しかし今の会社を辞めるリスクってのは当然ある。だけどこの会社に勤め続けて出世してって未来をイメージしていくと。。。できる!イメージができてしまう!これは人によってはいいことかもしれない。でも僕にとってはこの会社で店長になって次長、支店長、その先は?出世したとしても全然嬉しくない!辞めるリスクっていうよりは会社に勤め続けるほうのリスクが大きく感じたわけ、僕には。

僕はもっと冒険をしたかった。先のわからない未来の方が楽しく思えた。定年後に自由にすればいいっつったって、そんなのそれこそ定年後の年老いた体で元気かどうかなんて分からない。

​ならば今元気で若いうちに好きなことをしたい!人生一度切り!将来のために生きるんじゃなくて今を生きる!将来泣く目を見るだと?そんなの分かんねーだろ!そうなったとしてもそりゃ自己責任だろ!

他人のアドバイスは謙虚に受け入れる必要がある。でも他人の意見に自分の人生を任せるのはダメ。あなたの人生なんだから。自分で考えて自分の思う道を進めばいい。そして自己責任で完結させよう。

 

​日本の常識から世界の常識を計る物差しを養う。​

実際オーストラリアに来て今を生きている僕だけど、当然後悔はない。むしろ全てがうまくいっている。最高の人生を歩めている。物事の価値観は変わったし、世界は日本を中心に回っているんじゃないってことがよく分かった。

そんなこと日本にいたって分かってると思うかもしれないけど、僕の場合は実際に文化に触れて、住んでみて気づいたことはたくさんあった。自分が知ったかぶりをしていたんだってことを痛感した。

情報の溢れる今の世の中だから知りたいことはなんでも知れる。だけど知ることと理解することは全く違うし、見ることと体験することは天と地ほど違う。日本の常識だけでなく世界のいろいろな常識に触れることで何がスタンダードなのか、どうしてこうも理解が違うのか考えさせられることになる。柔軟な思考を養うことができる。

ワーホリっていうのは人それぞれ目的が違うからそれぞれの道を行けばいいんだけど、

​せっかく日本から離れて過ごすオーストラリアでの生活だからこそ、日本では気づきづらいことや新しい発見をしていけたら人間としての厚みが増すと思う。

YouTuber としての UEP

オーストラリアに来るのと同時に始めたYouTubeへの投稿。これは最初ビデオ日記として撮っていました。なので動画の冒頭には何日目と毎回出ています。あと個人の友達に向けた動画や話す場面もあったと思います。

もちろん今もその役目はありますが、予想に反して視聴してくれている人やコメントをくれる人が増えてからは留学に関連する動画や情報を発信するようにもしました。

今でも趣味の範疇であることには変わりないので視聴者を無視して自分のやりたいくだらない動画なんかも撮っていくとは思います。

​ただそれと並行してお役立ちになるような動画も撮っていこうと思います。

リクエストがあればじゃんじゃんコメントください。

ただのエージェントにはなりたくない。

僕がエージェントと名乗らない理由なんだけど、エージェントという第三者があなたとあなたの留学の間に入るだけで、そこに甘えが生じてしまうから。僕の言う甘えってのは知らないことを聞いたり教えてもらうことじゃない。自己責任で完結せずにエージェントであったり誰かのせいにしてしまうことだ。違法な請求をされたり騙されたり、よっぽどひどい目に合うことを除いては他人の責任にすることはほとんどないはず。よく聞くのはあのエージェントはよかったけどこっちは良くなかったなんて話。そしてその内容は単に対応が悪かったという話から紹介された家がよくなかった、高すぎる、返信が遅いなどたくさんある。けれど話を聞いていくとまともな理由がエージェント側にもある。

そういったエージェントへの不満ってのは多くをエージェントに期待しているから生まれるわけで、そもそものスタートが頼りきっている。

自分の人生は他人ではなく自分で切り開こう。

道に迷ったときどちらに行くか決めるのは自分であるべき。そのとき他人の一言で道を選んでしまうからあとからその人を責めたくなる。

僕が応援したいのは自分で切り開くワーホリ。

自分で自己責任を取れる自立した人にとっては僕なんか居なくてもきっと成功すると思う。ただ慣れない部分、知らないところを僕がサポートするのでなんでも聞いてほしいし、手伝いたい。

結論、僕が思うのはワーホリや留学なんてエージェントなしでこれるってこと。でもそのためにはある程度のサポートはあったほうがいい。

自力でやっていくために助言してくれる人、気軽に聞ける人が現地にいてくれたら嬉しい。それがUEP & Co.であり、僕という存在です。

豊富な知識と経験で最高のオーストラリアライフを提案できる!

『自力で切り開く海外生活』がコンセプトの UEP & Co. ですが、あなたのオーストラリア留学・ワーホリを無責任にアドバイスするつもりはもちろんありません。UEP & Co. は UEP と Sachi** の夫婦ふたりで運営していますが、どちらもオーストラリア政府公認留学カウンセラー資格 PIER (Professional International Education Resources) の保持者です。
 

PIER はオーストラリア留学のアドバイス、プラン提案、VISA の問題解決や適する学校を提案する上で、高い知識を持つプロフェッショナルであるとオーストラリア政府から認められたカウンセラーに与えられる公認資格で、より深い知識や経験による留学プランニングのサポートができます。

UEP & Co. はあなたに合った最適なオーストラリアライフを豊富な知識と経験をもとに提案します。

Profile

Managing Director

【UEP】

2013年12月21日よりオーストラリアのゴールドコーストに滞在中。1985年福岡生まれのバリバリ九州男児。サラリーマンを辞めてオーストラリアにワーホリで来る。主にオーストラリアでの出来事をFrom UEPのチャンネルでYouTubeでアップしている。

好きなものはラーメン、音楽、ギター、酒、星、かわいい女の子。

\ ** オーストラリア政府公認留学カウンセラー PIER 認定資格保持 ** /

(QEAC 登録番号 : O351)

Director Administration

【Sachi**】

UEPのパートナー。2016年04月にゴールドコーストに渡り、通っていた語学学校で UEP と出会う。日本では家族、友達、安定した仕事とすべてがあり充実した幸せな人生を送っていたが、なぜか満たされず違う人生を歩みたくなり3年間務めた会社を退職、渡豪する。アラサー、金なし、キャリアなし、スキルなし、でも愛はある。『幸せ』を探しています。

YouTube撮影、Blog、Twitter、Instagram etc...担当してます^ω^**

\ ** オーストラリア政府公認留学カウンセラー PIER 認定資格保持 ** /

(QEAC 登録番号 : Q162)

\ ** 自力で切り開く海外生活 ** /

​Follow

  • YouTube
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

Contact

LINE
icons8-new-post-100.png

UEP & Co.

Copyright© UEP & Co. All Rights Reserved.